赤鯱新報

【赤鯱短信】ラストスパートに欲しい前線のラストピース。レオナルドの“取説”についてもう一度考える。

思うに、利他的なメンタリティーの強い人なのだ。だからこそ、我々の期待するところに応えてくれるところもあれば、物足りなさを感じてしまうところも強い。7月の加入から3ヵ月、レオナルドはいまだ無得点どころか、スタメンにすら選ばれたことがない。夏の補強、そして外国籍選手としてはどうしても厳しい目で見られる成績だが、これがJリーグ初挑戦という部分は考慮すべきでもある。気は優しくて力持ち。愛すべき好漢であることはわずか数度のコンタクトの中でも強く感じられる部分なのだが、結果がすべての世界、その中でも特に結果がすべてのポジションの選手だけに、彼にはやはり多くを求めたくもなる。

(残り 2178文字/全文: 2462文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ