赤鯱新報

神戸間那「プレミア初出場で緊張していて。全然慣れてなかったんですけどこの試合でほぼ慣れたので、これから頑張ります」

■高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2024 WEST 第1節
2024年4月7日 11:00 KickOff トヨタスポーツセンター第2グラウンド(天然芝)
名古屋グランパスU18 3-1 ファジアーノ岡山U-18
得点者:49’末宗寛士郎(岡山)73’野中祐吾(名古屋)86’野中祐吾(名古屋)90+5’鶴田周(名古屋)
―――――――――
神戸間那
〇神戸間那選手

Q:実はプレシーズンからずっと3バックの神戸選手が面白いなと思っていました。こうして公式戦にも入ってみて、自分のプレーはどうでしたか。

「個人的には前半はチャレンジしていこうって気持ちが強くて、運ぶプレーだったり、ロングパスだったり、挑戦していくようなプレーが多かったんですけど、後半になるにつれて取られたら怖いとか、そういう相手にビビってしまうところが出てきてしまって。後半は自分が思うようにプレーできなかったんで、もっと練習が必要かなって思いました」

Q:前半に一度、DFラインから一気にドリブルで持ち上がるすごいプレーがありましたね。

「あれです。よかったです」

Q:ああいうのが、自分の今のやりたいところでもあるわけですか。

「あれが楽しいっす(笑)」

Q:ああいうプレーは3バックからだと狙いやすいのですか。

「3バックの方が相手の心理的に、運んでこないだろうっていうのがたぶんあって、ディフェンスも軽いんで。そこでひとつはがして自分がチャンスを作れるように意識してます」

Q:一方で前半は特にウイングバックが上がった裏を狙われて、自分がそのカバーに行かなきゃいけない形が多かったです。あれはけっこう苦しかったのでは。

「あれはでも、事前にそういうのが来るっていうのが分かっていたので、自分がただ単に背後のケアが甘くてポンポン入れられてたんで。もっと攻撃だけじゃなくて、守備の面も成長しないといけないなって思いました」

Q:今年はこの3バックの右がポジションになっていくのだと思います。こうして公式戦で出たいろいろなものが、いい勉強になったという感じでしょうか。

「勉強になったっす。こういう…自分、プレミア初出場で、緊張していて。全然慣れてなかったんですけど、この試合でほぼ慣れたんで。だけど、どの試合も緊張すると思いますけど、慣れたといえば慣れたんで(笑)。これから頑張ります」

Q:守備では相手の左右の揺さぶりに崩されがちなところがありました。やりながらどう修正をかけていったのですか。

「逆サイドにボールがある時に相手の10番がずっと張ってて、それが相手のキーマンというのはわかっていたので、そこでウイングバックの伊澤くんを落として見るか、中盤の真ん中の選手に見させて、(青木)正宗からひとつずつずらしていくか。そういう感じでやっていました」

Q:なるほど。後半はかなり落ち着いてやれていたかと思いますが、その修正が効いた感じでしたか。

「その感覚はあったっす。で、前半を0-0で終わって、後半決めないとなって思って、でもそこで失点したらチームの流れも崩れちゃうからという意識もあった中で、位置取りは高くなったんですけど、結局失点しちゃって(苦笑)。そういうのがもっと練習しないとなっていうところで。守備能力が低いんで、個人としてもチームとしても。もっと頑張ります」

Q:ただ、こういうことを繰り返していくことでたくましくなっていきそうですね。

「そうですね、相手はもっと強くなってくるんで、ここから」

Q:初戦を勝てたことで勢いもつきますし、やってきたことに対してある程度の手応えも得られたとは思います。

「初戦勝てたのはマジですごく、デカいと思っていて。次もあるし、でも勝ってまだ何も得られてないんで。次の一戦はまたひとつの試合として考えて、またやっていきたいです!」

reported by 今井雄一朗

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ