「川崎フットボールアディクト」

高井幸大のプロ契約を受けて【コラム】

2月4日に高井幸大のプロ契約が発表された

高井は2021年10月10日に行われたプリンスリーグ前橋育英高戦後にインタビューに答え、

「来シーズン(2022年シーズン)からは、トップのスタメンを張れるような選手になりたいと思います」

と意気込みを語っていて印象的だった。

新学期から高校3年生になる高井は高校在学中にプロ契約することになるが、これは宮代大聖に次いで2人目。クラブから発表されたコメントの中に「今シーズンは基本的にトップチームでトレーニングを行い、U-18の試合にも出場する予定です」と記されているが、これは宮代と同じスタイル。すなわち平日はトップチームで練習し、トップのメンバーに入らなければ週末のユースの試合に出場するという生活を送ることになる。

高井については公開された昨年のトップでの練習や、沖縄合宿、ユースでの試合などで何度か見させてもらったが192cmのサイズを感じさせない機敏さや足元の精度、セットプレーからの得点力などを示していた。

(残り 601文字/全文: 1027文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ