「川崎フットボールアディクト」

高井幸大、デビュー戦で見えたもの【コラム】

ACLグループステージ初戦の蔚山現代戦でベンチ入りし、続く2節の広州戦でプロデビューを果たしたのが現役高校生プロ選手の高井幸大だ。

高井にはベンチ入りした蔚山戦後、少しだけ話を聞かせてもらっていたが、ベンチ入りできたことを楽しみつつ、登録メンバーが多かったからだと謙遜する姿勢も見せていた。

高井は、第2節の広州戦で、6点差が付いた後半58分から出場。ほとんど守備機会らしいものはなかったが、プロのピッチを踏むことでデビューを果たしていた。

(残り 489文字/全文: 707文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ