ぎふマガ!~FC岐阜を徹底的に応援する公式ウェブマガジン~

FC岐阜、堂々たるアップセット。いつものサッカーで清水を真正面から撃破【天皇杯2回戦 vs.清水エスパルス Report ぷち★ぎふ/無料コーナー】

 

ゲームキャプテンを務めた久保田和音。©FC GIFU

 6月7日、FC岐阜はIAIスタジアム日本平で天皇杯 JFA 第103回全日本サッカー選手権大会 2回戦に臨み、清水エスパルスと対戦。延長戦で2-1の勝利を収め、天皇杯3回戦への進出を決めた。岐阜は7月12日に開催される3回戦(会場未定)でアビスパ福岡と対戦する。

◆やってやろうという気持ちが強かった

 対戦相手にはかつて岐阜に期限付きで所属していた宮本航汰も名を連ね、試合前のメンバー発表では岐阜のサポーターから拍手が送られた。また中立の大会とあって、岐阜側のメンバー発表では日頃長良川で使用しているBGMで選手、監督を紹介。両ゴール裏の柵がそれぞれクラブカラーとなっていて見た目にも決戦ムードが盛り上がるなか、19時にキックオフの瞬間を迎えた。

 直近のリーグ戦から中二日の岐阜は先発メンバーを総入れ替え。心身ともにフレッシュであり、共に練習をおこなってきたメンバーの連携をも加味したチーム力に、清水撃破の期待を込めて送り出した。

 ボランチのゲームキャプテン久保田和音と北龍磨が中心となったこのチームはリーグ戦のメンバーに遜色ない“いつものサッカー”を披露。一分の隙もなく連動してプレッシャーをかけつづけて清水に思い通りのプレーをさせず、ボールを保持すればどれだけ相手が寄せてきても余裕のある状態で狭いところにパスを通し、動かしていった。岐阜のスタイルがチーム全体に浸透し、またそれがJ2の強豪にも通用すると証明出来たことは衝撃だった。北は庄司悦大のように最終ラインをケアし、久保田は生地慶充のように前目でつなぎに関わるなど、チーム内のタスクもいつものそれを再現し、プレーの精度は高かった。清水は両サイドバックが上がってボール保持時は2-3-5のようにも映る陣形となるが、この攻撃的な状態の相手に対しても岐阜守備陣のスライドが機能して脅威とは感じなかった。

 五分以上の展開を見せるなかで岐阜にアクシデントが訪れたのは前半41分頃。上野輝人が負傷し、ひとり少ない状態で数分間を戦った。前半終了間際に松本歩夢が入り、ほどなくして前半終了。後半30分、岐阜はセンターバックの萩野滉大が持ち上がったところから始まるスピードに乗った攻撃。浮田健誠が相手の背後に抜け、右からグラウンダーのクロスを送るとそこに走り込んだのは田口裕也。「タイミングよく入れたらいいかなと」思ったスペースに進入した瞬間、観る者すべてがこれは入ると確信しただろうダイレクトの右足シュートが清水ゴールに突き刺さった。

 だが、これで火がついた清水はカルリーニョス ジュニオを投入。そのカルリーニョスがボックス内に進入し、この際のプレーで得たPKを自ら決め、清水が同点に追いついた。しかし驚かされたのはここから。失点した岐阜は、久保田と北が中心となって選手たちを集め、円陣を組んだのだ。岐阜の選手たちは士気を高め、気落ちすることなく強敵を相手に再び勝ち越すという意思を統一し、再び闘いに赴いた。

 消耗が激しくなるなかメンバーとポジションをやりくりし、北をフォワードに配置していた延長前半に試合が再び動いた。相手のクリアミスでボールがポストに当たり、転がってきたところを北が押し込む。攻めつづけ、相手守備陣に圧力をかけつづけたことが得点の遠因だった。1点のリードを得た岐阜はその後も落ち着いてゲームを進め、延長戦終了。堂々と戦い、真正面からぶつかって清水を相手に勝利を得た。

 ゲームキャプテンの久保田は「ああいう狭いスペースでボールを受けたりというのは練習から自分自身も意識してやっていますし、それが本当に今日のピッチで出ていたとは思います」と言い、自信をのぞかせた。

「なかなか試合に絡めていないメンバー中心で若い選手が多かったんですけど、そのなかでもぼくがキャプテンをやらせてもらってチームを引っ張っていこうという意識がありましたし。本当にみんなが、やってやろうという気持ちが強かったと思うので、それが結果につながってよかったです」(久保田)

 上野優作監督は「キャンプから強度を上げていこうと、J2でも通用する守備の強度を出していこうとやってきたことは成果」と、選手たちの努力を称賛。成長をテーマに掲げた今シーズン、まさにその成長によってJ2から上のカテゴリーでも通用する先端のフットボールを身につけ、強くなろうとする過程にあることを証明する一戦だった。

*********************************************
[FC GIFU INFORMATION]
▼公式twitter  https://twitter.com/fcgifuDREAM
▼公式facebook https://www.facebook.com/FCGIFUPR/
▼公式Instagram https://instagram.com/fcgifu
▼公式サイト   https://www.fc-gifu.com/
*********************************************

ぎふマガ!購読のご案内

「FC岐阜を徹底的に応援する公式ウェブマガジン ぎふマガ!」について

『ぎふマガ!』は月額550円(税込)の公式ウェブマガジンです。
コロナ禍にあってもクラブ、チームの動静を他の媒体よりも多くの分量でお伝えしていきます。
運営、維持費捻出のためでもありますが、会員になっていただくことで、クラブへの支援ともなります。
どうかご理解いただきたく、よろしくお願いいたします。

 

■過去1週間の記事一覧

○5/19
○5/17
○5/16

 

2022年からシーズン中は次の試合のプレビュー、試合後のマッチレビューを中心に週3本を目安に記事を更新していきます。

ご購読方法

3STEPで簡単登録!

  1. お客様情報のご登録

    まずは簡単無料登録!
    必要な情報はメールアドレスだけ!

  2. コンテンツ、決済方法の選択

    豊富なお支払い方法! クレジットカード、キャリア決済も対応!

  3. コンテンツの購読完了!

    お手続き完了後、コンテンツ内の有料記事がすぐに全て読める!

無料会員登録

支払い方法ごとの詳細

各お支払い方法ごとに、詳しいお申し込み方法と閲覧期間の説明ページをご用意しました。下記リンクから、お進みください。

タグマ!とは

スポーツ、カルチャー、エンタメ。好きなジャンルをとことん読めるWEBマガジン

Push7リアルタイム更新通知に対応!記事更新をお手元の端末へダイレクト通知。気になる話題がいち早く!

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ