「川崎フットボールアディクト」

小林悠、札幌戦の相性について「たまたまとしかいいようがないかなと思います」【コラム】

小林悠がゴールすると、リーグ戦では24試合連続無敗(21勝3分け)。さらに札幌戦では、鬼木達監督就任以降の2017年で、出場した全ての試合でゴール。ちなみに小林が欠場した2020年11月3日の等々力での試合は律儀に0−2で敗戦している。となると、札幌との次戦を含めた残り5試合での小林の活躍に期待せざるを得ない。

そんな小林は札幌との相性の良さについては「特別、感じてるわけではないんですけど(笑)」と苦笑い。

「他の選手もいるじゃないですか。どっかによく取るとか、そういう感じで」と話す小林は「本当にたまたま、自分は札幌だったり、仙台だったりっていうのが多いっていうだけだと思うんですけど」と解説。もちろんベースにあるのはどの試合でも点を取りたい、という強い思いだった。

(残り 484文字/全文: 818文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ