「川崎フットボールアディクト」

積極性で押し切った4得点。復調の足がかりに/J1 第21節 vsG大阪【レポート】

J1 第21節
7月9日(土)(19:03KICKOFF/等々力/12,987人)
川崎 2 – 1 G大阪

■決定力不足解消の第一歩

決定力不足に悩まされてきたことが嘘のような大勝だった。

マルシーニョを縦に走らせたチャナティップの縦パスの時点では、まだ何が起きるかは想像できなかったが、そのパスに追いついたマルシーニョが想像外のタイミングで入れたクロスにまず驚かされた。ノートラップ、かつ右足アウトでの絶妙なクロスで、三笘薫のそれを彷彿とさせる完璧なラストボールでレアンドロ・ダミアンがこれを押し込んで先制点となった。

G大阪の守備陣にしてみれば、予測よりもかなり速いタイミングでのクロスだったはず。ただダミアンだけは分かっていた。練習でやっていたからだ。

「練習の中でもあのようなシーンはすごくやっていたので」

三浦弦太と昌子源の予測の上を行く連携だった。

(残り 3601文字/全文: 3969文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ