縦に紡ぎし湘南の

【深化の轍】永木亮太と3本のフリーキック

永木亮太は今季ここまで2本のフリーキックを直接沈めている。ひとつは第1ステージ第13節清水戦での追加点、もうひとつは第2ステージ第12節横浜FM戦で決めた同点弾だ。「基本は落とすイメージで蹴っている」と語るように、その右足から放たれたボールはいずれも鋭いドライブを伴いゴールに吸い込まれた。

永木の言葉とともにそれぞれのフリーキックをもう少し掘り下げてみたい。まず目を引くのが、彼ならではのインパクトだ。意識している点をこんなふうに語る。

(残り 2402文字/全文: 2620文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ