縦に紡ぎし湘南の

【鳥栖vs湘南】選手コメント/ビッグセーブ連発の完封にも「課題のほうが多かった(秋元陽太選手)」、石川俊輝選手、高山薫選手、永木亮太選手

■Jリーグヤマザキナビスコカップ 予選リーグ第2節
3月28日(土)鳥栖0-0湘南(17:00KICK OFF/ベアスタ/7,694人)
※公式記録(湘南公式)
————–

●秋元陽太選手
「(ビッグセーブが多く見られたが)いや、課題のほうが多かったと思っています。個人的には、ロングスローにもう少し出たり、クロスに出たりして、そこで遮断できたらもっとよかったという部分があったので、とくにシュートを止めたからいいというわけではないです。ゲームの流れを見たり、そういうところでチームをもっと助ければピンチは少なくなってくると思うので、止めたからという感じはとくにはないです。

(前半は)みんなすごく集中してやっていたが、後半相手がもっと圧力をかけてきて、相手のロングボールに苦しんでしまった部分は正直あったので、後半もっとしっかり自分たちのよさというか、相手がどういうサッカーが得意なのかも考えて、前線でしっかりタメをつくれたらよかったなと思います。最終的には最後のところでしっかり踏ん張っていたのでそこに関してはよかったが、前半より相手の圧力を感じてしまった部分はありました。相手は、奪って一本のパスからセカンドボールを取ってサイドというかたちだったので、どこかでボールの落ち着きどころをつくれたらそれをもうちょっと減らせたかなと思いますけど、でも僕は後ろの選手なので、前がどうこうよりも自分たちのラインやクロスボールに対するポジショニングという部分をもっと向上させないといけないなと思いました。

(残り 1534文字/全文: 2184文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ