「川崎フットボールアディクト」

登里享平「(アシストは)タイミングよく。自分の思う通りのパスが出てきたので。その辺に関しては、手応えという所はあります」/J1 第31節 vsFC東京【試合後コメント】

○登里享平
――15日での5連戦。非常に厳しい中でも最後全勝しましたが、この勝利の意味みたいなことも含めて試合を振り返っていただきますか
「率直に、ほんとに、あの情けないぐらいちょっと疲れてはいました、正直なところ。前半に関しても、全然走れなかったですし。そこでタフさが、自分に対してなかったなっていうのがすごく印象的です。その中でも鬼木監督も、この5連戦。リーグのところにすごくこだわっていましたし。そこで本当に、自分達は優勝する覚悟というか。これで本当に決めに行く覚悟をもって挑めた結果、選手全員で、チームとしても同じ方向を向いて戦えましたし。まだまだ続きますけど、本当に5連勝できたっていうことは、本当にこの前ない結果だと思っています」

(残り 1639文字/全文: 1958文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ