「川崎フットボールアディクト」

【レポート】J1 第29節 川崎vs仙台 諦めない気持ちが大逆転を呼び込む。中村憲剛の400試合出場を等々力劇場が祝福

■一方的にやられた前半
エウシーニョがシュートした瞬間、彼の前方にいた仙台の選手は8人に上っていた。フロンターレの攻撃は丁寧なパスによるものが多いが、そのパスワークの分断を意図し、引いて守っていたのだろう。そういう意味で、引いて守る相手に対するセオリー通りの一発だった。振り抜いた左足から放たれたシュートが、反撃の狼煙となった。エウシーニョのゴールがフロンターレを蘇生させた。

それにしても、ひどい前半だった。序盤こそチャンスを作るが、いい時間は続かず。仙台に圧倒され、ピンチが続いた。石原直樹とともに2トップとして先発し、守備面でフロンターレを圧迫していた西村拓真にもう少しだけ運と決定力があれば、序盤に失点していても不思議ではなかった。

「前半を通してすごく悪かった」と話す小林悠は、その理由として前線と後方の乖離を指摘する。

「前からプレッシャーを掛けるときに後ろから着いて来れてなくて」という状況が生まれていたのだと小林は言う。

(残り 2099文字/全文: 2513文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2 3
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ