ニイガタフットボールプレス

【頼もう!感想戦feat.小川佳純】~明治安田生命J2第31節vs栃木SC~vol.3「闘志の表れ」

4試合ぶりの勝利をきっちりつかみ取った栃木戦。ついに新潟デビューを果たしたトーマス・デン選手や若手の奮闘、そして藤原奏哉選手の3試合連続ゴールと、さらにチームが加速する予感に満ちていました。この一戦を、手放しで褒めないところが、いかにもズミさん。その辛口に、チームがいっそう引き締まり、強くなるためのヒントがうかがえます。

■彼らがまとう雰囲気がすばらしい

――ズミさんが栃木戦で注目した選手は?

「伊藤涼太郎選手、それから藤原奏哉選手ですね。

藤原選手は、サイドバックで3戦連続ゴールでしょう? すばらしいですよ。栃木戦は2列目であまり時間が作れなかった分、いつもに比べると攻撃に絡むシーンが少なかったですが、勝負どころでの大きなゴールでした。前節の徳島戦(第30節△2-2)ではゴメス(堀米悠斗選手)もゴールしていて、サイドバックの2人は、今のチームで替えが利かない存在だと言えますね。

藤原選手は徳島戦でクロスを目の前で合わせられて、本当に悔しかったと思います。そして、それを補って余りあるほどの攻撃での貢献が光ります。タイプ的には、フロンターレの山根視来選手のようなサイドバックだと感じますね。藤原選手は去年もチャンスによく絡んでいましたが、今年はさらにそれが増えている。今の松田詠太郎選手との関係性も非常に良いです」

(残り 2426文字/全文: 3011文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ