「川崎フットボールアディクト」

【コメント】 J1 第29節 川崎vs仙台(小林悠)「後半自分たちがうまく取り返せたということよりも、前半の戦いを見つめ直さないと。これから先厳しくなる」

J1 第29節
10月14日(土)(15:03KICKOFF/等々力/18,892人)
川崎 3 – 2 仙台

◯小林悠
「入りかたというか、前半を通してすごく悪かったですし、一番は前からプレッシャーを掛けるときに後ろから着いて来れてなくて。それなら行かないほうがいいということで。途中でぼくと憲剛さんと話して、どうするんだということになって。それを含めて自分たちで作った試合だと思いますし、退場して難しかったですが、ハーフタイムにみんなで。オニさん含めてもう少し、こういう試合を勝つのがタイトルを取るチームだとハッパをかけてくれて。それはぼくもずっと思ってましたし2失点して厳しいなと思いましたが、エウソンがチームを蘇らせてくれたというか、等々力の雰囲気を変えてくれたので。その瞬間は行けるんじゃないかという気持ちにさせてくれましたし、こういう時に決めるのは自分だと。絶対に決めるのは自分だと強く思って試合中やってました」

(残り 794文字/全文: 1197文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ