ぎふマガ!~FC岐阜を徹底的に応援する公式ウェブマガジン~

恥じるところのなかった好ゲーム。最終戦の勝利につなげるべき内容【J3第33節Match Review】

 

 
 今シーズンも残すところあと2試合となったところで、遅きに失したが選手のコンディションが揃ってきた感があり、また昇格を争ううえで負けられないという白波スタジアムの雰囲気がモチベーションを掻き立てたということもあり、J3第33節は鹿児島ユナイテッドFCと互角の勝負を演じる好ゲームとなった。戦術的にも攻撃と守備でそれぞれ狙いとするものが傍目にもわかり、それだけ準備をしてきたのだろうと推し量れるゲーム内容。0-1のスコアでの敗戦となったが、引き分けが妥当な、どちらに転んでもおかしくない一戦だった。
 
◆徹底した岐阜対策を講じてきた鹿児島
 
 白星から遠ざかっている直近の結果、しかし昇格の可能性を最終節まで残すためには絶対に勝点3が必要という状況にある鹿児島は、徹底した岐阜対策を施してきた。
 

(残り 2541文字/全文: 2911文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ