ぎふマガ!~FC岐阜を徹底的に応援する公式ウェブマガジン~

いつになく締まった試合をしながら0-0で迎えた後半40分、クロスからの一発に沈む【J3第33節First Impression】

 

撮影:後藤勝


▼J3第33節/13時02分キックオフ
【勝点60→63】鹿児島ユナイテッドFC 1(前半0-0/後半1-0)0 FC岐阜【勝点37→37】

 11月13日、FC岐阜は白波スタジアムでJ3第33節に臨み、鹿児島ユナイテッドFCと対戦。1-0で敗れて2連敗となり、順位を12位から14位に落とした。

 後半16分の右コーナーキック。田中順也の左足から放たれたボールを藤谷匠がヘディングシュートで叩き込んだが、判定はノーゴール。それでも締まった守備で鹿児島にゴールを許さず先制点を求めて攻めつづけたが、後半40分、後退しながらの守備で相手に触れることなくクロスを上げられ、ロメロ フランクのヘディングシュートで失点。リードを得た鹿児島に守りきられ、岐阜は無得点のままタイムアップの笛を聞いた。

◆いい立ち位置をとり、ボールを動かした岐阜

©FC GIFU

(残り 2280文字/全文: 2794文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ