ヴォルティススタジアム

【徳島vs甲府】試合後の選手コメント:児玉駿斗「3連勝できたことはチームとして良かった」ホセアウレリオスアレス「苦しい時間はありましたが、決定的なチャンスを作らせることはなかった」+長谷川雄志

■明治安田生命J2リーグ 第34節
9月3日(土)徳島 2-0 甲府(19:04KICK OFF/鳴門大塚/4,508人)
得点者:19’杉森考起(徳島)40’西谷和希(徳島)
———-
○児玉駿斗選手
3連勝できたことはチームとして良かったと思います。個人的には、もう少しFWに絡むプレーを増やして、仕上げていかないといけないと思っています。

Q:先制点の場面では素晴らしい判断によってゴールに絡んだのではないですか?
エウシーニョ選手から僕に入った時に次のプレーを考えました。その直前に自分の背中を走る杉森選手が間接視野で見えたので、ヒールで流そうとも思いましたが結果的にスルーしました。最近の試合ではけっこうゴールに絡めてといるということが自分の中では大きいです。ただ、試合の流れを落ち着かせるという点では、もっとしっかりプレーしなければと思っています。

(残り 1227文字/全文: 1602文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ