ヴォルティススタジアム

【新潟vs徳島】試合後の選手コメント:浜下瑛「(新井選手との)バランスは常に意識していました」児玉駿斗「まだまだ僕らが勝ち方というか、勝者のメンタリティが足りない」白井永地「些細な部分での判断が遅れた」

■明治安田生命J2リーグ 第30節
8月6日(土)新潟 2-2 徳島(18:03KICK OFF/デンカS/15,094人)
得点者:17’一美和成(徳島)58’一美和成(徳島)78’藤原奏哉(新潟)85’堀米悠斗(新潟)
———-
○浜下瑛選手
Q:ウイングバックでの出場でした。
新潟はかなり攻め残りをしてくるので、反対サイドの新井選手が上がったら、バランスを取って後ろのリスク管理をして、逆に新井選手が下がったら前にポジションを取って攻撃参加することは常に意識していました。

(残り 1667文字/全文: 1903文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ