FOOTBALL TODAY KANAZAWA

出る前に負けること考えるバカがいるかよ【第38節・岡山戦プレビュー】

「前半で代えられたという悔しさもある。ホームで借りを返したいし、個人的にも勝ちたいという気持ちが強い」。藤村慶太は前回の岡山戦を振り返って、そう話してくれた。前半だけで5失点という屈辱的なゲームだっただけに、彼に限らず、いろいろな選手が借りを返さなければいけない試合ではある。

 

岡山は強い。結果だけを見ていれば前回よりも強い印象さえある。藤村も岡山の印象について「守備が堅い、セットプレーが強い、前の外国人選手のパワーと個の能力が高い、若い選手も融合して運動量とかハードワーク・守備の質も高い」と列挙し、「新潟とか岡山はいま一番勢いがある」とも口にしていた。

 

そんな相手だからこそ、前回の対戦で痛いほど味わった教訓を活かさなければならない。

(残り 1749文字/全文: 2079文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ