FOOTBALL TODAY KANAZAWA

15日からクラブユース選手権に挑む金沢U-15。寺中克典監督「どんどん前を向いてトライしてほしい」

トップチームは今日から練習をしているが、和倉ユースを見に行っていたので取材はできず。

 

U-18のほうは明日、2位トーナメントのなかでの最上位を興國高校と争う形になる。昨日もチラッと見たが、崩しもチャンスメイクもよくなっているように見えた。ただ、相手がどんなメンバーで、どんな目的をもって臨んでいるか不明なので断言しにくいところもある。クラ選では決めるべきところで決める、シュートまでもっていくという課題も見えたが、全国のいろんなチームと切磋琢磨することで、成長しているのかな? 松浦魅空キャプテンのコンディションも戻ってきているようで、前線の層は厚くなっている。プリンス北信越再開まで20日弱。それまでにさらなる成長を!

 

そして今回は15日からクラ選に臨むU-15の寺中克典監督のインタビュー。どんな目標、いかなる意気込みで全国の舞台に挑むのか。北信越の予選をトップで通過し、高円宮のリーグ戦でも首位に立っているチームだが、監督から楽観的な言葉は聞かれなかった。

(残り 1968文字/全文: 2408文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ