FOOTBALL TODAY KANAZAWA

覚悟はできていた【第30節・仙台戦レビュー】

 

ミス

 

仙台戦でも花火があがるのかと勘違いしていたら、次のホームゲームの長崎戦だった。200発×3試合だと思ってたら、仙台がゴールラッシュという花火をあげていた。逆に金沢はミスラッシュ。柳下正明監督の「ちょっとしたミスとか隙をしっかりついて得点していく」という言葉通り、失点はことごとくミス絡みだった。

(残り 1351文字/全文: 1512文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ