ぎふマガ!~FC岐阜を徹底的に応援する公式ウェブマガジン~

痛い敗戦で浮かび上がった具体的な課題を克服し、前に進むべき【J3第16節Match Review】

 

 FC岐阜はJ3第16節でいわきFCに敗れ、今季6敗目。勝利が必要だった試合だけに、横山雄次監督も選手たちも結果を重く受け止め、責任を感じていた。横山監督は試合総括の冒頭でこう述べた。

「結果が結果ですので、今日の内容についてここがよかった、というのは少しちがうと思っています。今日はどんなかたちであれ、サポーターの方の前で勝点3を獲らなければいけないゲームだったと思っています」

 J2昇格をめざすうえで痛い1敗であることにはちがいない。しかし次節以降に勝点を積み重ねていくためにも、課題と収穫がなんだったのかは冷静に見つめる必要がある。

◆対策そのものは奏功

 2失点を喫したものの、90分間全体を通してはそれほど悪い試合ではなかった。

(残り 2233文字/全文: 2552文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ