ヴォルティススタジアム

【新潟vs徳島】試合フォトレポート:新潟対策が功奏し2点リードを奪うも、終盤に新潟の猛攻を受けドロー決着。

■明治安田生命J2リーグ 第30節
8月6日(土)新潟 2-2 徳島(18:03KICK OFF/デンカS/15,094人)
得点者:17’一美和成(徳島)58’一美和成(徳島)78’藤原奏哉(新潟)85’堀米悠斗(新潟)
———-

どちらがボールを握れるるのかに注目が集まったこの試合、試合開始から徳島は3-5-2の布陣を敷き「新潟さんの良さを消す狙いがありました。CBを1枚増やしビルドアップしていく中で、ウイングバックへボールが入った時に中盤の児玉選手がフリーとなって優位性を作っていくという狙いがありました(ダニエル監督)」といつもとは違う立ち位置で臨む。

また2トップ+トップ下に児玉を配置したことで「前からどんどんいけるのでボールを奪ってからのショートカウンターを狙うことができた(一美)」と話す通り、前線が近い距離感で連動しチャンスを作れるようになると、17分、浜下のパスカットから児玉のパスに藤尾が抜け出しマイナスに折り返すと白井がシュート、シュートはGKに弾かれたものの一美が押し込み先制点を奪う!

リードを奪った後もチャンスを作ったのは徳島。25分には浜下のクロスからチャンスを作ると、30分には決定機。新潟のビルドアップのミスを藤尾が奪い、児玉の折り返しを藤尾がシュート!しかしこれは枠外に外れてしまう。その後は新潟にボール保持を許すものの、「自分たちの前で回させている感覚はありましたし、DFラインの人数は足りていたのでしっかり守れていた(白井)」と話すように、安定した守備で前半は1点リードのまま終了。

ハーフタイム、「守備のバランスを大事にしよう。球際は強くいけているので続けること。苦しい時こそ走り勝つこと」と選手たちを送り出す指揮官。

後半最初のチャンスは52分、浜下のドリブル突破から藤尾にクロスを入れるが呼吸が合わず。54分にはCKから浜下がミドルシュートでゴールを狙う。すると58分、右サイドで児玉が起点となると右サイドに流れた白井へパス。白井の丁寧なクロスに一美が合わせネットを揺らす!

2点のリードを奪った徳島だったが、体力の消耗や「相手も試合の中でシステムややり方を変えてくる中で、僕たちもそれに対して変える決断をもっと早くすればよかった(白井)」こともあり、押し込まれる展開が多くなる。選手交代を行いフレッシュな選手を投入するが78分、セットプレーから1点を返されてしまうと、85分にはクロスから堀米に決められ同点に追いつかれてしまう。

徳島も後半アディショナルタイムに反撃。藤尾のボールキープから石井のクロスに白井が合わせるがシュートは枠外。ラストプレーではFKから新井が頭で合わせるもGKに防がれ試合終了のホイッスル。2点のリードを奪いながらも終盤に追いつかれて2-2のドローで終わった。

□試合フォト

(残り 95文字/全文: 1262文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ