ヴォルティススタジアム

【長崎vs徳島】増田功作監督記者会見コメント「本当に悔しい戦いになりましたし、点差も含めて現状の自分達の立ち位置をしっかりと見極めて積み上げていかなければいけないと思います」

■明治安田生命J2リーグ 第10節
4月13日(日)長崎 6-1 徳島(14:03KICK OFF/トラスタ/5,648人)
得点者:4’エジガル ジュニオ(長崎)12’エジガル ジュニオ(長崎)47’エジガル ジュニオ(長崎) 55’笠柳翼(長崎)65’フアンマ デルガド(長崎)87’フアンマ デルガド(長崎)90’渡大生(徳島)
———-


〇増田功作監督
本当に悔しい戦いになりましたし、点差も含めて現状の自分達の立ち位置をしっかりと見極めて積み上げていかなければいけないと思います。

Q:今季最多の6失点となりました。原因はどこにあると思いますか?
1つではないと思います。試合の入りでいい形で相手の最終ラインを狙いにいった中で早い時間帯に失点してしまったことが精神的な面も含めて大きかったと思います。ここ数試合、開始から10分以内の早い時間帯に失点しています。それを改善していかないと自分達が主導権を握ったサッカーができる状態にはできないと思います。

Q:シュートを打たれ過ぎているように見えましたが?
相手に能力の高い選手がいる中で、シュートブロックの寄せであったり、1失点目ではペナルティエリアのところでスルーパスを出されましたが、あそこは縦に出されないように寄せる距離も含めて、しっかりと守備でアタックできるようにしていかないといけない。当たり前の事なんですけど、ゴール前でのきわの強さを求めている中で、そこの部分での失点が多いので、もっと厳しくトレーニングからやっていかなくてはいけないなと思います。

Q:攻撃では相手の背後を狙う意図を感じました。当初のプランは?
長崎さんのFWはそれほど前から来るわけでなく、しっかりとボランチを含めてコンパクトにしてくるので、最終ラインの選手が中盤に引っ張り出されないような守備をしてきます。そこで相手を縦にストレッチ(広げ)させたいなと思ったので、背後のスペースを使いたいと思っていました。何本か狙い通りいきましたが、そこでのフィニッシュや相手が嫌がるようなところまではなかなかいきませんでした。これもトレーニングから高めていかなければいけないかなと思います。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ