山梨フットボール

「ストップ連敗。アッチでもコッチでも祝ってもらえない漢・野澤英之が自作自演のセレモニー勝利を演出するか」【2021明治安田生命J2リーグ第7節 甲府対北九州 プレビュー】

第7節H北九州戦がプロ初先発見込みの長谷川元希。前節の悔し涙をエネルギーに変えて勝利を引き寄せるゴールを決めてほしい。

2021明治安田生命J2リーグ第7節 甲府対北九州 甲府先発予想布陣。

今週は選手の数が足りずに紅白戦形式の戦術確認では渋谷洋樹ヘッドコーチ(右)と大柴克友コーチが控え組のSBとシャドーでプレー。2人とも翌日は、筋肉痛ではなく関節の”ヤバい”痛みに見舞われた。伊藤彰監督(左)と渋谷ヘッドコーチが一緒に指揮をしているように見えるが、渋谷コーチが険しい顔をしているのは走って疲れているから…。

2020年4月10日(土曜日)甲府対北九州(14:00 KICK OFF/JITリサイクルインク スタジアム)

△◯◯◯●●

節の長崎戦が”J2リーグ100試合目”出場だった野澤英之。三桁という記念すべき数字だが、甲府は”Jリーグ通算”で100試合、200試合という節目で祝うので今回は対象にならず。FC東京時代にはJ1リーグ9試合、JリーグU-22選抜(14~15年)とFC東京U-23 でJ3リーグに39試合出場していて、Jリーグ通算の100試合は愛媛時代に達成している。しかし、愛媛はJ2リーグ単独の節目という規定だそうで、アッチでも祝ってもらえず。「どっちでも祝ってもらえないんですよ」というので、Jリーグ通算200試合を甲府で達成するしかないね」というと、「U-22選抜とかは出場試合数に入るんですかね?」と心配そうだったが、全て含めれば今節は149試合目。今季中のJリーグ通算200試合出場達成はないが来季J1甲府で出場試合を加算してJリーグ通算200試合といきたいところ。「もしJ2リーグ通算100で祝ってもらえるなら試合前のフラワーセレモニーは奥さん出てくる気満々だったの?」と聞いたら「出てくれるみたいでした」という。野澤英自慢の奥さんの姿も見たかった。

季J1甲府で野澤英夫妻のフラワーセレモニーを見るために今節連敗を勝利で止めたい。連戦の疲労がある選手を休ませる意味もあって先発メンバーに変化があるが、ボランチに野澤英と野津田岳人というテクニックがある2人が入ることと、長谷川元希がシャドーでプロ初先発を果たすことは注目点。サイドを起点にして裏を狙ったり、クロスを入れたりすることは今週も磨いてきたが、「ここ2~3試合は相手が分析して警戒している感じは予想以上」と伊藤彰監督が話しており、野澤英、野津田のテクニックを活かす”サイドだけじゃない”中央の崩しも見せたい。

(残り 1164文字/全文: 2408文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ