ヴォルティススタジアム

【神戸vs徳島】試合後の選手コメント:玄理吾「勝ちたかったですが、個人としては良いものを出せたんじゃないかと思います」杉森考起「今日はチャンスをもらっているメンバーが多かったので結果につなげたかった」

■天皇杯 JFA 第104回全日本サッカー選手権大会 3回戦
7月10日(水)神戸 2-0 徳島(18:33KICK OFF/鳴門大塚/4,630人)
得点者:66’佐々木大樹(神戸)73’大迫勇也(神戸)
———-
〇玄理吾選手
前半は主導権を握りながらチャンスもありましたし、やれている感覚がありましたが、1点欲しかった所で点が取れず、後半相手がギアを上げてくることはみんなで話をしていましたが、相手の武器であるカウンターで仕留められてしまい、もどかしいというか悔しいです。

Q:短い準備期間の中で神戸戦に向けて準備してきた事は何ですか?
相手のプレスのかけ方ではウイングバックが空くと把握していました。CBとボランチ、WBで人数をかけて相手のプレッシャーを剥がすことができましたが、相手のコートに入った時に怖さを出すことができればなお良かったです。

Q:相手のプレッシャーを外してボールは上手く運べて前進できていたが、その進んだ先に難しさがあったという事でしょうか?
難しさは感じていませんでしたし、後半は監督からアーリークロスを上げていこうという指示がありました。ただしボールを握っていた前半、相手ゴールを脅かすようなシーンがもう少しあっても良かったかなと思います。

Q:ご自身のプレーについてはいかがでしたか?
久しぶりの試合でしたしリーグ戦でなかなか出場機会が無い中でこういったチャンスをものにしようという覚悟で臨みました。その覚悟が表れたプレーもできたと思います。勝ちたかったですが、個人としては良いものを出せたんじゃないかと思います。

〇杉森考起選手
前半の中盤くらいまではボールを上手くつないで組み立てる事ができていましたが、最後のアタッキングサードでなかなかシュートまで持っていけなかったので、前線の選手としてはやっぱりシュートシーンを作ることが必要だと思いました。

Q: アタッキングサードでシュートまで持ち込めなかった原因はどこにあったと思いますか?
ペナルティエリアに侵入するためのコンビネーションやクロスに入っていく動きがもう少し必要だったと思います。

Q:この経験をリーグ戦につなげていきたいですね。
今日はチャンスをもらっているメンバーが多かったので結果につなげたかったです。天皇杯は敗退したので、後はリーグ戦しかありません。練習からひたむきにやって出場のチャンスを掴めるようにしたいです。

Q:今日のご自身のプレーをどう評価しますか?
前線の選手としてはゴールを取ることや勝利につながるプレーにもっとこだわってやっていきたいです。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ