ヴォルティススタジアム

【神戸vs徳島】試合後の選手コメント:青木駿人「個人的には、後半2失点して力の差を見せつけられたという思いが強いです」+中野桂太、石尾崚雅

■天皇杯 JFA 第104回全日本サッカー選手権大会 3回戦
7月10日(水)神戸 2-0 徳島(18:33KICK OFF/鳴門大塚/4,630人)
得点者:66’佐々木大樹(神戸)73’大迫勇也(神戸)
———-
〇青木駿人選手
Q:試合を振り返って感想を聞かせてください。
個人的には、後半2失点して力の差を見せつけられたという思いが強いです。

Q:通用した部分とこれからさらに高めていきたい部分はどこだと感じましたか?
チームとして前半は守備のところで、何回か外される事もありましたが狙い通りの守備もできましたし、攻撃でもGKをフリーマンとして使いながら相手を引き出して剥がして前進することができたのは良かったと思います。ただ後半はシュート数を見てもわかるように何もできなかったので、90分通してやり続けなければ得点には結び付かないと感じましたし、逆に相手はこちらにやらせるところはやらせても、勝負所で点を取り切る力がありました。勝負所でのパワーの出し方という部分ではまだまだJ1と差があるなと感じました。

Q:大迫選手とのマッチアップについてはいかがでしたか?
ゴールキックやロングボールで競り合う場面が多かったのですが、何もさせてもらえなくて、本当に悔しいというか不甲斐ない気持ちで試合を終えました。

Q:この経験をリーグ戦にどうつなげていきたいですか?
通用した部分とできなかった部分をしっかり分析して反省したいです。通用した部分をしっかり強みとして繋げていく事と、通用しなかった部分を中3日ですがもう一度全員で詰めていきたいです。中断前最後の試合ですし、しかもホームでできるので、必ず勝点3を取りたいです。

〇中野桂太選手
この試合に向けて自分の立ち位置をひっくり返すつもりでやりました。J1が相手でしたし、思い切って自分のプレーをやろうと、やってきた事をすべて出そうと思って試合に入りました。J1の強度であったりプレッシャーの速さを感じましたし、そこに悔しさはあります。

Q:前半ミドルサードくらいまでボールを運べていたように見えましたが、それは準備してきたものですか?
立ち上がりは西野選手との関係性や相手も明らかにあの立ち位置に対して困っていました。ただ途中からCBの選手が僕へプレッシャーに来だして難しくなりました。もう少し背後を取りにいけていれば状況も変わっていたと思いますが、足元で受ける事が多かったので、相手のCBも狙いやすかったと思います。ボールを受ける前の自分の動きに少し工夫があればよかったと思っています。

Q:今日の試合で一番感じた事は何ですか?
ボールを動かしていけば相手も嫌がっていました。僕自身、(ボールを)失うことがあっても、繰り返しボールを受けに行こうと思っていました。足元に入ってしまう事もありましたが、受けに行く気持ちが大事だと思いますし、そこでビビって受けに行かなければ次につながらないと思うので、ミスもありましたが、そこは前向きに考えています。前半で交代した悔しさはありますが、練習からやっていくしかないと思っています。

〇石尾崚雅選手
前半ゼロで抑えて後半に得点を取ろうという展開の中で、先に失点してしまいカウンターで2点目も取られてしまいました。前半の良い時間帯に点を取っていれば流れも変わっていたと思いますが、やっぱりあそこでの決定力がJ1のチームなんだなと思います。何もできなかった試合ではなかったので勝ちたかったです。

Q:手応えがあった部分はどのあたりでしょうか?
前半で言えば、後ろで回して相手のプレッシャーを外すことにチャレンジしていたし、何度か良いシーンを作れました。後半それが少なくなったというのはありますが、こちらの前の選手の特徴が変わった事が影響したのかもしれませんし、別の部分で良い面は出していました。

Q:今後のリーグ戦に向けて意気込みを聞かせてください。
今はメンバーに入っていない状況で、チームが結果を出している中、今日の試合はリーグ戦に出ていない選手たちにとってはアピールしないといけない試合でした。次の仙台戦でメンバーに入るのかどうかわかりませんが、入ったら今日の経験を生かしてチームの力になりたいです。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ