ヴォルティススタジアム

【徳島vs水戸】試合後の選手コメント:ホセアウレリオスアレス「ボールがバウンドした時にできるだけ相手の前に入る事を意識していました」+エウシーニョ、森昂大

■明治安田J2リーグ 第21節
6月23日(日)徳島 1-0 水戸(19:03KICK OFF/鳴門大塚/3,402人)
得点者:84’坪井清志郎(徳島)
———-
〇ホセアウレリオスアレス選手
Q:シュートストップしたラストプレーについて聞かせてください。
ここ数試合はわずかなチャンスを決められていましたし、それは自分でも防げる失点だったと思っています。今日に関しても最後に相手にチャンスが来ましたが、自分はボールがバウンドした時にできるだけ相手の前に入る事を意識していました。

(残り 1181文字/全文: 1418文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ