ヴォルティススタジアム

【千葉vs徳島】試合後の選手コメント:ブラウンノア賢信「相手の時間の長かったので、流れを変えて自分達の時間にして点を取りに行きたいなと思っていました」青木駿人「(失点シーンは)もっと声を張り上げて全員の集中を切らさずにやらせるべきでした」

■明治安田J2リーグ 第20節
6月16日(日)千葉 1-0 徳島(19:03KICK OFF/フクアリ/8,212人)
得点者:66’小森飛絢(千葉)
———-
〇ブラウンノア賢信選手
Q:途中出場でしたがどんな狙いを持って試合に入りましたか?
相手の時間の長かったので、流れを変えて自分達の時間にして点を取りに行きたいなと思っていました。

(残り 1038文字/全文: 1205文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ