ヴォルティススタジアム

増田功作監督「サイドにスピードのある選手が多いので、そこにボールを出させない事が大事」ホセアウレリオスアレス「自分も刺激をもらいましたし、しっかりやらなければいけない」チアゴアウベス「この試合に向けてしっかりと準備していたので、明日は勝ちに行くだけ」ーJ2第20節千葉戦に向けたコメントー

〇増田功作監督

Q:前回の千葉戦を振り返って。
千葉の試合を見ていると、結構オープンになってゴール前まで持っていくシーンが多いです。その点に関しては前回の対戦では守備から上手く外すことができていました。ただチアゴ(アウベス)がPKを獲得したシーンもありましたが、あのようなシーンをそれほど多く作ることはできませんでした。ペナルティエリアに入る回数やクロスの回数が少なく、どちらかと言えば千葉が得意としているオープンな試合展開の中から、うまく勝点3を持っていかれたなという印象があります。

Q:千葉は意図的にオープンにしていると思うのですが、それに対してどのように対応をしていきたいですか?
千葉は変わらないスタイルでやっていると思います、特にサイドにスピードのある選手が多いので、そこにボールを出させない事が大事だと思います。ただ、全部のボールには対応できないと思うので、逆に相手にスペースをオープンにしないようにしたいと思っています。またこちらが攻めている時に(シュートなどを打てずに)やり切れない時のカウンターが怖いので、そこでやり切る事がポイントになると思っています。

Q:後半戦に向けての意気込みを。
もちろん勝点3をより多く取れるような試合展開にしたいですが、現実として複数得点が少ないです。しっかりとした守備を継続しながら、“まず自分達ができることをやる”そこから今取り組んでいます。アタッキングサードでやり切れるようなクオリティとシチュエーションを作り出す事が大事になると思います。

Q:得点を奪う事はどのチームにとっても永遠の課題ですが、増田監督はどういう考えを持ち、どういったアプローチをしていますか?
アタッキングサードでサイドアタッカーの選手が前向きで受ける事が大事だと思います。横浜FC戦ではブロックを敷かれた時に、圧力をかけられてサイドの選手がボールを下げる時間が長かったです。あそこで仕掛る、もしくは複数でPA内に侵入できるようなコンビネーションを作っていく事が大事だなと思います。

(残り 838文字/全文: 1685文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ