ヴォルティススタジアム

【徳島vs仙台】試合後の選手コメント:青木駿人「これでチーム内の競争も激しくなりますし、良いゲームだったと思います」坪井清志郎「次こそ自分のゴールで勝利したいですし、リーグ戦にも絡めるように努力します」髙田颯也「前日に増田監督からマンツーマンでトータルで30分くらい話がありました」

■天皇杯 JFA 第104回全日本サッカー選手権大会 2回戦
6月12日(水)徳島 1-0 仙台(19:03KICK OFF/鳴門大塚/1,515人)
得点者:90+3’渡大生(徳島)
———-
○青木駿人選手
Q:相手の決定的場面で上手く守れましたね。

その前の奪われ方が悪かったのですが、最後で投げ出した体に当たって良かったです。後半の入りだったので、あそこで防げたのは、個人的には乗っていけるプレーになりました。

Q:前からプレスに来た仙台の守備に対して、どのような攻撃の構築を考えていましたか?

相手は3枚をぶつけてきました。うちのWBが引くと相手のSBはそこへ出られず、自分が相手SHのプレスを受けたら、同サイドだとWBの中野選手が空くので、うちのCB3枚はあまり広がり過ぎず、ペナルティーエリアの幅でボールを回しながら相手を来させてWBで時間を作ろうとしました。その狙いは上手くいったと思います。

Q:攻守ともにある程度狙った通りに試合を運べたのですね?

フレッシュな選手が多かったので、相手の背後に抜けてくれました。ポイントを作ってから、先日の横浜FC戦はそこからテンポが上がらずゴール前へ行けませんでしたが、今日はそこでもスピード感を持って良いプレーができたと思います。

Q:チームとしても個人としても、この勢いや結果をリーグ戦に繋げたいですね。

はい、普段出場機会の少ないメンバーで戦った中で、このような結果を得る良いゲームができました。これでチーム内の競争も激しくなりますし、良いゲームだったと思います。

Q:連戦となりますが、体力的には問題ないですか?

はい、まだ若いので大丈夫です。多少の疲れはありますが、試合に出られることが今はとても楽しいのでもっと試合に出たいです。

Q:天皇杯3回戦はヴィッセル神戸との対戦ですが、どのように戦いたいですか?

昨シーズンのリーグ王者で、日本を代表するタレントが揃うチームに対して、チームとしても個人としてもどれだけできるのかが楽しみです。また、そういう相手にアピールすることで、自分がもっと上のステージへ上がっていけるチャンスだと思っています。

○坪井清志郎選手
自分たちのやりたかったことが比較的多くできたゲームだったので、前半にゴールという結果を出したかったです。

Q:サイドに起点を作ったことで攻撃もスムーズにできたということですか?

そこは上手くいきました。個人的にはサイドからのクロスに入っていくことを意識していたので、そういうボールを待っていました。

Q:今日のプレーを自己評価してみてください。

悪くはなかったと思いますが、これからというタイミングでの交代だったので、やり切れなかった悔しい気持ちが一番です。渡選手が取ってくれて次へ進めることになったので、次こそ自分のゴールで勝利したいですし、リーグ戦にも絡めるように努力します。

Q:交代の時、柿谷選手と言葉を交わしていましたね。

僕が悔しそうな顔をしていたので、ひと声かけてくれました。

Q:リーグ戦に向けて、どのようにチーム内競争に臨みますか?

毎試合絡むつもりでトレーニングに取り組んでいます。自分の特徴を監督がイメージできるようにどんどん出してアピールします。

○髙田颯也選手
Q:今日の試合をどんな気持ちで臨みましたか?

久しぶりのスタメンでの出場だったので、個人としてはアピールすることはもちろん、チームのために勝ちたいと思って臨みました。

Q:プレスバックでボールを奪う場面もあり、守備面で意識したことは何ですか?

前日に増田監督からマンツーマンでトータルで30分くらい話がありました。個別にミーティングをしたわけではないですが、ケア中だったり、筋トレしている途中に守備のことを言ってもらいました。それが”やってやるぞ”という風になりましたし、何回か自分のところでやられることがありましたが、結構大きくやられることはなかったと思います。増田監督には感謝しています。

Q:持ち味のドリブルで突破するシーンもありましたね。

そこはいつも通り自分の持ち味で、最低限のことだと思っています。ドリブル突破した後に、パスが味方と合わなかったりすることもあったので、連携をしっかりできるようにしたいですし、フリーな選手がいたのでそこを使ってしまう場面もありましたが、自分でもっといってもいいかなと思います。

Q:週末にはリーグ戦を控えますが、今日の勢いを持ち込みたいですね。

絶対に勝って上位争いにいけるように頑張りたいと思います。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ