ヴォルティススタジアム

【いわきvs徳島】試合後の選手コメント:青木駿人「自分が一番外にいて上手く声をかけていれば防げていたので、やられてしまいもったいなかった」棚橋尭士「もう少し決め切るところや下で繋ぐと事もできたのかなと思います」

■明治安田J2リーグ 第17節
5月26日(日)いわき 1-1 徳島(14:03KICK OFF/ハワスタ/3,707人)
得点者:22’谷村海那(いわき)45+3’森昂大(徳島)
———-
〇青木駿人選手

いわきさんはパワフルなサッカーをしてくることはわかっていたので、前からいけるような形を準備していました。前半それがうまくはまって何シーンかいい奪い方ができて、試合の入りは良かったと思います。ただセットプレーのこぼれ球からやられたシーンは、自分が一番外にいて上手く声をかけていれば防げていたので、やられてしまいもったいなかったです。

(残り 1171文字/全文: 1437文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ