ヴォルティススタジアム

【徳島vs栃木】試合後の選手コメント:児玉駿斗「もっとボールを持てたし、僕個人としてももっとゲームを作れたのではないかと思っていま」棚橋尭士「天候を含めて、試合に入る前から戦い方を一貫していました」チアゴアウベス「今日も良いキックを杉本選手が得点してくれて幸せな気持ちです」

■明治安田J2リーグ 第15節
5月12日(日)徳島 1-0 栃木(14:03KICK OFF/鳴門大塚/3,880人)
得点者:41’杉本太郎(徳島)
———-
○児玉駿斗選手
もっとボールを持てたし、僕個人としてももっとゲームを作れたのではないかと思っています。風のあった中ではパスの強さも全部変わるのですが、それが上手く嚙み合っていないシーンもありました。細かいことですが、自分としては意識していることでもあります。

(残り 1308文字/全文: 1516文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ