ヴォルティススタジアム

【清水vs徳島】試合後の選手コメント:棚橋尭士「(シュートのこぼれ球が)転がってきた時に切り返す判断ができたのは大きかった」チアゴアウベス「(後半良くなった理由は?)簡単に言えば『姿勢』です」

■明治安田生命J2リーグ 第8節
4月3日(水)清水1-1 徳島(19:03KICK OFF/アイスタ/9,520人)
得点者:5’ルーカスブラガ(清水)90+2’棚橋尭士(徳島)
———-
〇棚橋尭士選手
Q:PKは緊張しませんでしたか?
緊張しませんでした。
(PKを獲得した場面は)最初はシュートを打とうと思っていましたが、相手の寄せが早かったので切り替えてシュートを打とうと思って引っかかりました。シュートのこぼれ球を狙っていましたし、転がってきた時に切り返す判断ができたのは大きかったです。

(残り 517文字/全文: 763文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ