ヴォルティススタジアム

【徳島vs山口】試合後の選手コメント:森昂大「失点が続いることについてはしっかりと向き合ってトレーニングから取り組みたい」玄理吾「秋田戦のこともあって、みんな前半で勝負を決めて折り返したかったと思いますが、逆にそれが焦りになったのかもしれません」

■明治安田生命J2リーグ 第5節
3月20日(水・祝)徳島 1-2 山口(15:54KICK OFF/鳴門大塚/3,934人)
得点者:51’野寄和哉(山口)56’ヘナン(山口)81’オウンゴール(徳島)
———-
〇森昂大選手
前半から自分たちは後ろ3枚の立ち位置でした。相手前線のプレッシングも速いので、立ち上がりは長いボールも入れながら、セカンドを回収して逆へ展開するような狙いもありました。3枚での回し方も悪くはなく、前進していけるシーンも多かったので、その時間にチームとして得点できなかったことが敗因というか、自分たちに足りなかったものです。

(残り 1011文字/全文: 1284文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ