ヴォルティススタジアム

【鹿児島vs徳島】試合後の選手コメント:棚橋尭士「もうひと段階、攻守での迫力を出すところが課題」杉森考起「ピッチに立った選手として本当に申し訳ない気持ち」玄理吾「(先制後)なかなか自分達のリズムを作れずに逆転されてしまった」

■明治安田生命J2リーグ 第2節
3月2日(土)鹿児島 2-1 徳島(15:10KICK OFF/白波スタ/7,034人)
得点者:54’棚橋尭士(徳島)76’鈴木翔大(鹿児島)90+2’武星弥(鹿児島)
———-
〇棚橋尭士選手
Q:試合を振り返って。
悔しい気持ちしかないです。

Q:先制シーンについては?
背後のボールを狙っていましたしいいボールが来たので、最初はシュートを打とうと思っていました。ただ、少しスピードを落としてGKが触るか触らないかで入れ替われればいいと思い、結果的にPKになりましたが、そこでしっかり決め切れてよかったです。

Q:PKも落ち着いていましたね。
ある程度、GKを見て蹴りました。大学の時から何度も蹴っていたので自信がありました。

(残り 1203文字/全文: 1528文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ