ヴォルティススタジアム

高知キャンプ5日目:今シーズン初の対外試合。

今シーズン初の練習試合となった、高知中央高校戦。30分×2本でおこなわれた。

ブラウンノア賢信

今シーズンの初ゴールはブラウン ノア 賢信選手。橋本選手が左サイドで髙田颯也選手との崩しで抜け出すと、中央へ低いクロス。ブラウン ノア選手がヒールでうまくあわせ、ゴールに流し込み同点ゴールとなった。
1本目は、全体的にボールを支配して攻撃を展開。これまでの練習で積み重ねていた攻撃の形も何度か見せ、PA付近に人数をかけてゴールに迫った。特にサイドではサイドバックとサイドハーフの関係で相手ディフェンスの崩す場面。裏抜けなどを狙うなどして、相手ディフェンダーを後ろ向きで走らせるシーンも多くあった。
セットプレーでは、コーナーキックからカイケ選手が頭で合わせて、惜しくもバーを叩くシーンも。
守備面では、ボールを奪われても、杉本太郎選手や玄理吾選手らが守備意識高く、すぐに回収し、マイボールに。トランジションのスピードも速かった。

2本目もボールを持ちながら、積極的に攻め込んだ。5分に髙田 優選手のシュートのこぼれ球に、坪井 清志郎選手が詰めてネットを揺らした。その後も相手のカウンターを食らう場面があったものの、石尾 崚雅選手、島川 敏郎選手らが安定した守備で対応。攻撃では坪井 清志郎選手や渡 大生選手らが幾度なく決定機を作った。やはり全体的に前への意識とシュートの意識が高く、クロスバー、ポストに当たるシーンが幾度となくあった。
そして、終了間際に練習生のゴールで試合終了のホイッスル。3-1で今シーズンの初の練習試合を終えた。

(残り 885文字/全文: 1574文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ