ヴォルティススタジアム

【町田vs徳島】試合後の選手コメント:柿谷曜一朗「しんどいからこそ助け合いたい」内田航平「まずはコンディションを上げる事が(自分自身の)課題」

■明治安田生命J2リーグ 第28節
7月29日(土)町田2-1 徳島(18:03KICK OFF/Gスタ/3,561人)
得点者:32’エリキ(町田)35’エウシーニョ(徳島)68’オウンゴール(町田)
———-
〇柿谷曜一朗選手
町田のようなスタイルと徳島のようなスタイルの違いはありますが、誰がどう言おうと勝った方が強いということ。それを一人ひとりが理解してやっていかないといけないと思います。
後ろから繋ごうとしてミスして失点するのは仕方ないですが、それならばやり続けるメンタルで勝たないといけない。でも経験が少なくてメンタルが落ちてしまっていつものようにできなくなってしまう。それならばそのメンタルが戻るまでは他の選択肢もあると思います。自分もそういった事をもっと伝えていかないといけないと思います。

もちろん俺らも攻撃したいですけど、だけど守る時は一生懸命守ろうと。クリアしてばかりだとカッコよくないかもしれませんが、ゴールから遠くすることが失点が一番遠くなる方法です。

Q:ゴールライン上でクリアする場面もあり、守備での奮闘が目立ちました。
自分たちがやりたいプレーをしている中で自信を持ってやれればいいのですが、ピッチで一緒にプレーしていて自信がなさそうだなと感じる場面もありました。自分の役割としては、何とかカバーしないと思いますし、それがチームであるということだと思います。

俺は絶対に勝ちたいしJ1に行きたい。それは僕自身も選手生命が限られている中でもしかしたら若い選手とは思いが少し違うのかもしれないけど、ここからはそうしたマインドが揃っているチームから順番に抜けていくと思います。サッカーはそういう気持ちで結果がついてくる側面もあると思います。

Q:リーグ戦も残り1/3となりました。今後に向けて。
ありきたりな言葉になりますが、いかにまとまっていけるかだと思います。サポーターの皆さんからしたら毎週応援するのもしんどいと思いますが、勝てていない僕たちも本当にしんどいです。しんどいからこそ助け合いたい。お互いにネガティブな事をぶつけ合うのではなくて。それだけかなと思います。

〇内田航平選手
Q:後半からの出場でした。久々のプレーとなりましたが?
チームとしてやりたい事をある程度考えて自分の良さが出せるようにプレーしていました。

(残り 527文字/全文: 1493文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ