ヴォルティススタジアム

【町田vs徳島】ベニャートラバイン監督記者会見コメント「自分のやるべきことは、現状をもう一度精査して、修正を投げかけていく事、それだけだと思っています。その状況から必ず抜け出せると思っています。まずは自分が一番責任を持ちながらチームの前進していくための仕事をしたい」

■明治安田生命J2リーグ 第28節
7月29日(土)町田2-1 徳島(18:03KICK OFF/Gスタ/3,561人)
得点者:32’エリキ(町田)35’エウシーニョ(徳島)68’オウンゴール(町田)
———-

〇ベニャートラバイン監督
前半は相手に押される展開になりました。自分たちの内側の選手に対して強くプレッシャーに来ていました。その中でボール奪われることで、全体的に押し込まれる試合展開になりました。失点してしまいましたが、すぐに同点に追いつくことができましたし、1-1になってからは相手のゾーンにボールが入るようになりました。
後半に関しては前半に比べて落ち着いた試合の入りをできましたが、そのタイミングで失点をしたことで試合を難しくしてしまいました。1-2になってからは、まず同点に追いつくために攻めましたが、力が足りませんでした。

Q:前半は相手のプレスが強く前進できませんでしたが、後半は劇的に前進できるようになりました。どんな変化を加えたのでしょうか?
前半との変更点としては、杉本選手をより相手のサイドハーフの背後にポジションを取らせて、また右CBに内田選手を入れ、児玉選手のポジションも少し修正しました。そうすることで、より前進ができ相手陣地に入ることができました。大きなチャンスは作れませんでしたが、前がかりに攻める形も作れたと思います。ただその時間帯に失点してしまったことが、今日の試合の結果に大きく影響してしまいました。

Q:負けてしまいましたがエウシーニョ選手、ルイズミケサダ選手、玄選手がケガから復帰して、久しぶりに出場しました。それについてはどう感じていますか?
質の高い選手達だと思いますし、チームにもたらしてくれるものは多くあると思います。ただケガは誰にでも起こり得ることだと思うので、彼らがいなかったことが今の結果を招いていたというわけではないです。ケガ人が戻ってきてくれた事についてはポジティブな部分だけを考えていきたいです。

Q:勝点的には厳しい状況です。リーグ戦も残すこと1/3となりましたが、どう戦っていきますか?
自分は若いですけど監督です。これは選手達にも伝えましたが、その自分が不安になったり苦しさを見せてしまったらチームにも反映されてしまうものだと思っています。監督というのはこういう状況を抱えながらも生きていかないといけないです。自分のやるべきことは、現状をもう一度精査して、修正を投げかけていく事、それだけだと思っています。その状況から必ず抜け出せると思っています。まずは自分が一番責任を持ちながらチームの前進していくための仕事をしたいと思います。

Q:特に前半は相手にボールを持たれ押し込まれましたが、町田がシステムや形を変えてきた事と因果関係はありますか?
エリキ選手が自分たちのCBに、バスケス・バイロン選手がCBの脇に、そして高橋選手がアンカーを掴まえ、インテリオールに対しては相手のボランチが捕まる、これは特に想定外というよりも想定した通りでした。ただ前がかりに来る相手に全て下から打開してくことはどのチームでも難しいと思います。そのような状況になった場合には、足元だけでなく相手のプレスをひっくり返すような背後へのボールやアクションも織り交ぜていかないといけないと思うのですが、そのバランスがあまり良くなかったと思います。

Q:エウシーニョ選手を先発で起用した理由と評価については?
皆さんもよくわかっていると思いますが、今日の試合でも証明した通り、質の高い選手です。特にボールを持った時に、落ち着きとひと呼吸おけるタイミングを持っています。
それから試合の状況を見ながら戦えることも彼の特徴だと思うので、そういった要素に期待しながら今日の試合で起用しました。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ