ヴォルティススタジアム

べニャートラバイン監督「自分達のサッカーをすれば、勝つチャンスは大いにある」森海渡「次こそは自分のゴールでという気持ちは強い」白井永地「どんな相手に対しても勝ち切るメンタリティーが大事」ーJ2第26節・東京V戦に向けたコメントー


〇ベニャートラバイン監督
Q:最近の東京Vの印象について
当初の印象とは大きくは変わっていません。非常にいいチームだと思いますし、上位に位置しているのも理解できます。特徴としてはリーグの中でもポジショナルなチームだという印象で、はっきりとした4-3-3の立ち位置で戦っているチームです。また直近10試合ではセットプレーからの失点はいくつかありますが、オープンプレーからの失点は少ないので、こじ開けていくのが簡単な相手ではないと思います。ただ自分達のサッカーをすれば、勝つチャンスは大いにあると思っています。

Q:天皇杯3回戦の試合後の会見で『長い縦パスのカットを狙っている』という話の中で『東京Vも同じような狙いを持っている』という趣旨の話がありました。そこは東京Vのストロングポイントとして分析されているということでしょうか?
東京Vもそういったパスに対しての前向きな守備やボールが入った先での五分五分のボールに対しての競り合いに強さを持っている印象があります。そこを刺すタイミングとシチュエーションをいつ、どのようにするのか、しっかりコントロールしないといけないと思います。

Q:髙田颯也選手について。以前は右サイドで起用していましたが最近は左サイドで起用する事が多いですが、その使い分けには理由はありますか?
彼の起用において左右でのこだわりは持っていません。右でも左でも縦にも中にも遜色なく高いレベルでプレーできます。彼のポジションというよりも、その時状況に応じて、彼のプレーポジションを決めています。

(残り 835文字/全文: 1484文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ