ヴォルティススタジアム

【柏vs徳島】試合後の選手コメント:髙田颯也「もっと自分でシュートまでいくことが必要だと思います」田向泰輝「もう一度、残りのリーグ戦でどうやったらチームの力になれるのかしっかり考えながらやっていきたい」

■天皇杯 JFA 第103回全日本サッカー選手権大会 3回戦
7月12日(水)柏 2-0 徳島(19:00KICK OFF/鳴門大塚/1,682人)
得点者:44’真家英嵩(柏)50’真家英嵩(柏)
———-
〇髙田颯也選手
Q:試合を振り返って
内容としては悪くなかったと思いますが、前からの自分達の課題であるセットプレーでやられてしまいました。時間帯も悪かったですし、そこから勢いが落ちてしまいました。後半もそれほど悪くなく進んでいましたが、一瞬の隙を突かれた失点で非常にもったいない試合でした。また得点も奪えず非常に悔しい試合でした。

(残り 1316文字/全文: 1580文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ