ヴォルティススタジアム

べニャートラバイン監督「相手以上にボールを保持して主導権を渡さない事をテーマとしてやりたい」カカ「(自分自身は)ベストコンディションだと思います」坪井清志郎「球際だったり1対1の対応は絶対負けられない」ーJ2第4節東京V戦に向けたコメントー

○ベニャートラバイン監督

Q: セットプレーでの失点が続いていますが、どのように分析していますか?
映像で確認しましたが仙台戦の失点は大分戦での失点とは全く違う要素があったと思います。大分戦ではボールにしっかりアタックできていて、いるべきポジションで準備できていた中での失点でしたが、仙台戦はグループとしてポジショニングやボールへのアプローチで自分たちにエラーがありました。

Q:今節対戦する東京V戦に向けて。
特にインサイドに能力の高い選手がいる東京Vに対して、自分たちも相手以上にボールを保持して主導権を渡さない事をテーマとしてやりたいと思っています。ただ能力も高いので相手の時間帯も必ずあると思います。その時間をできるだけ少なくしたいと思っていますし、その時間を奪うために、アグレッシブなプレスや守備をチーム全体でやっていかなければいけないと思っています。

Q:先制点が取れていません。先制するために必要な事は?
どの試合でも前半にゴールチャンスが無かったわけではなくて決定機もありましたし、最後コントロールできていれば決定機だったというシーンも多くありました。最後のゾーンに近くなったらアグレッシブにプレーしてほしいと選手達に伝えています。具体的にはシュートやクロスなど何かしら仕掛ける事にチーム全体でフォーカスしたいと思います。後はあるチャンスを集中して決め切る事だけだと思います。

(残り 1045文字/全文: 1634文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ