ヴォルティススタジアム

【全選手が振り返る 2022シーズン】杉本太郎「やっぱり徳島ヴォルティスは『惜しい』で終わっていいチームではないと感じました」

杉本太郎

ヴォルティススタジアムでは「全選手が振り返る2022シーズン」と題して、選手自身に2022シーズンを振り返っていただきます。
今回は杉本太郎選手に2022シーズンを振り返ってもらいました。

〇杉本太郎選手
「夏に加入してチームはプレーオフ圏内には程遠い状況でしたが、そこから最終節の山形に勝てば自力でそのチャンスを掴めるところまで追い上げることができました。しかし最後負けて、やっぱり徳島ヴォルティスは『惜しい』で終わっていいチームではないと感じました。それほどこのクラブが目指しているサッカーの質と選手やスタッフの一体感、サポーターたちの想いはJ1に値するものだと感じました」

(残り 326文字/全文: 612文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ