ヴォルティススタジアム

【徳島vs町田】試合後の選手コメント:長谷川雄志「西谷選手のところが徳島では一番チャンスになるので、そこは常に見ていました」西谷和希「サイドチェンジは特に効果があった」

■明治安田生命J2リーグ 第39節
10月1日(土)徳島 3-2 町田(16:03KICK OFF/鳴門大塚/4,932人)
得点者:28’長谷川アーリアジャスール(町田)34’杉森考起(徳島)38’太田修介(町田)64’内田航平(徳島)71’エウシーニョ(徳島)
———-
○長谷川雄志選手
ハーフタイムの交代なので、特別多くの指示を聞いたわけではありません。でも自分の中で意識していたのは、まず戦うこと。そして自分の良さを出してボールを展開することです。西谷選手のところが徳島では一番チャンスになるので、そこは常に見ていました。自分は遠くへ蹴れるので、僕たちが右へ寄れば寄るほど相手もそこへ集まります。西谷選手側の守備も内へ絞るので、その時に配球できれば西谷選手にも時間ができると思っていました。狙いが上手くいって良かったと思います。

Q:その点が功を奏して攻撃も活性化したのですね?
西谷選手のところへボールが渡れば、まず相手を押し込むことができます。そこからセカンドボールを意識すれば、拾って二次・三次攻撃を仕掛けられます。

Q:長谷川選手自身、試合に出られない時期もありましたが、できることを十分に証明した試合でしたね。

そうですね。やれる自信はありましたし、久々に出て良い感触もつかめました。今季の残り試合は少ないですが、チームのためにも自分が成長するためにもやり続けていきます。

(残り 677文字/全文: 1266文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ