ヴォルティススタジアム

【徳島vs町田】試合後の選手コメント:エウシーニョ「選手として、ご褒美をもらったような感じです」内田航平「自分の得点でチームを助けられてよかった」

■明治安田生命J2リーグ 第39節
10月1日(土)徳島 3-2 町田(16:03KICK OFF/鳴門大塚/4,932人)
得点者:28’長谷川アーリアジャスール(町田)34’杉森考起(徳島)38’太田修介(町田)64’内田航平(徳島)71’エウシーニョ(徳島)
———-
○エウシーニョ選手
前半のパフォーマンスは良くなかったです。でもハーフタイムに気持ちを切り替えて、後半は良いプレーをすることができました。さらに逆転勝利も収めることができて嬉しく思っています。

Q:得点の場面は左右へ展開しながら前進しましたが、エウシーニョ選手にはどのような景色が見えていましたか?
カウンターでしたが、自分がボールを持った時にチャンスだということはわかりました。自分の右サイドで白井選手が要求していましたが、逆サイドでは児玉選手も新井選手も空いていたので、まず児玉選手へボールをつなぎました。その後新井選手から良いクロスが送られました。私へは直接来ないことがわかっていたので、セカンドボールを予測してポジションを取りましたが、予測通りのところへこぼれて来て決めることができました。

Q:勝ち切るための決勝点を挙げた感想を聞かせてください。
決勝点となったことはとても嬉しいです。このような難しい相手との試合を自分のゴールで勝ち切るのは特別なことです。選手として、ご褒美をもらったような感じです。

(残り 682文字/全文: 1269文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ