ヴォルティススタジアム

ダニエルポヤトス監督「ハイプレスをどう外していくかが重要になってくる」内田航平「90分間、集中を切らさずにプレーしたい」杉森考起「勝利のために自分ができるプレーをすべてしたい」ーJ2第39節町田戦に向けたコメントー

内田航平

○内田航平選手
Q:クロスからの失点が続いています。どう防いでいきたいですか?
「水戸戦も含めて、マークの整理や人の確認がすごく大切で、コミュニケーションが一番大事だと思います。ディフェンダーはボールを中心にプレーするので、マーク(している選手が自分の視界から)が切れる瞬間があるので、それを少しでも少なくして相手に集中することが大事になると思います。失点に一番絡むポジションはディフェンダーなので注意していきたいです」

Q:町田の攻撃の中で、注意したいポイントは?
「相手のストロングポイントである縦に速いことや、サイドからのクロス、J2でも実績のある中島選手やドゥドゥ選手に注意したいです。ヴォルティスが70~80分間いいプレーをしていても、最後の1分で相手のFWが仕事をすれば、FWとしてはOKです。そのため、僕たちディフェンスの選手としては90分間、集中を切らさずにプレーしたいです」

Q:残り4試合でプレーオフの可能性が難しくなる中、どのように試合に臨んでいきますか?
「チームの雰囲気は全然悪くないですし、練習も士気を上げてやっています。試合に出ている選手は出られない選手の分も、出るからにはしっかり示さなければいけない部分があると思います。そこはプロサッカー選手としては当たり前で、やらなければいけない部分だと思います。プレーオフに入る可能性はゼロではないので、チームとして頑張っています」

(残り 839文字/全文: 1435文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ