ヴォルティススタジアム

【徳島vs水戸】試合後の選手コメント:児玉駿斗「サポーターの皆さんと共にプレーオフへ行けるように最後まで戦う覚悟です」一美和成「チームの誰もまだ諦めていない」オリオラサンデー「次の試合もホームで戦えるので、必ず勝利してその先へ希望をつなげたい」

■明治安田生命J2リーグ 第38節
9月25日(日)徳島 1-1 水戸(17:03KICK OFF/鳴門大塚/4,932人)
得点者:57’カカ(徳島)68’唐山翔自(水戸)
———-
○児玉駿斗選手
Q:攻撃面で充実度を示せた試合だったのではないですか?

確かに攻撃のバリエーションは増えているし、思い切り良くチャレンジもできていました。前半はすごくリズムも良くて、ゴールするチャンスの多かったその時間帯に仕留められる雰囲気もありました。でも、そこで取り切れなかったというのがその後に響いてきました。厳しく言うと、チャンスを作っても得点できなければ意味がありません。それがはっきりと出た試合でした。また、攻撃面で良さを出せましたが、試合展開を読む力はもっと付けなければいけないと思いました。

Q:というのは、落ち着いてポゼッションで時間を使うとか?
得点した後にバタバタしてしまうというか、まだ何か独特の雰囲気を感じます。追加点を取りに行くのか、キープするのか、そのバランスは難しいのですが、展開を読んで適切に対応できるようにならなければと思います。

Q:他チームの動向にもよりますが、いずれにしても残り試合での全勝が必須になりました。どのように試合を戦いますか?
今季ここまであっという間に来て、最近ようやく良い連携が出せるようになりました。そこで勝ち切るために全員が一丸になり、サポーターの皆さんと共にプレーオフへ行けるように最後まで戦う覚悟です。

(残り 1000文字/全文: 1619文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ