ヴォルティススタジアム

【徳島vs水戸】試合後の選手コメント:カカ「交換できるなら、自分のゴールを勝利と交換したいくらいの悔しい結果です」田向泰輝「踏ん張って立ち上がり、残り全部の試合で勝利して何か起こしたい」

■明治安田生命J2リーグ 第38節
9月25日(日)徳島 1-1 水戸(17:03KICK OFF/鳴門大塚/4,932人)
得点者:57’カカ(徳島)68’唐山翔自(水戸)
———-
○カカ選手

Q:先制点の場面を振り返って教えてください。

狙い通りでした。練習ではゴールする回数は少なかったのですが、今日はエウシーニョ選手から良いボールが来たので彼に感謝しています。相手はゾーン+マンツーマンという守備でしたので、ゾーンで立つ人の間を狙っていました。今季、頭では初得点でしたが、自分がゴールを決めた試合は勝てないことが多いので、今日こそ勝ちたかったです。交換できるなら、自分のゴールを勝利と交換したいくらいの悔しい結果です。残り試合は少ないですが、チャンスが巡ってきたら得点できるように頑張ります。

Q:前半は相手を圧倒する内容だっただけに、結果が残念ですね。

確かに、素晴らしいサッカーをしたと思います。しかし、相手はそれを上回るくらいのハードワークをしていました。私たちはアタッキングサードに侵入し何度かの決定機を作りましたが、相手がとても良い守備をしていたので得点を奪えず、後半ペースダウンして前半のように支配することができませんでした。結果もそれによるものだと思います。

(残り 857文字/全文: 1392文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ