ヴォルティススタジアム

【東京Vvs徳島】試合後の選手コメント:ホセアウレリオスアレス「徳島にとってこの勝点3は非常に大きい」田向泰輝「みんなで走って体を張った事が勝利につながった」石尾崚雅「みんなが1つになって戦うことができた」

■明治安田生命J2リーグ 第27節
8月24日(水)東京V 0-1 徳島(19:03KICK OFF/味スタ/1,918人)
得点者:45+2’杉森考起(徳島)
———-
○ホセアウレリオスアレス選手
Q:8試合ぶりの勝利について
引き分けがずっと続いている中、全員が勝利を求め続けていました。その中で選手たちは日々の練習から精進し努力し続けました。インテンシティの高い練習ができた事が、この勝利につながったと思います。徳島にとってこの勝点3は非常に大きいと思います。

Q:コロナの陽性者やケガ人がいる中でどんなことを考えて試合に臨みましたか?
コロナはチームにとって大きな影響はあったと思いますが、それを乗り越えられるキャパシティ(能力)が私たちにあった事を今日の勝利で証明できたと思います。また今いる選手もこれまでと同じ質のサッカーができることを証明することができた試合でもありました。それはチーム全体のレベルが上がってきた証拠だと思います。

Q:今日はホセ選手のセーブがあってこその勝利でした。
自分自身にとってもいい試合ができたと思います。どんな苦しい状況でもしっかり準備することを心掛けているので、それがしっかり表現できたと思います。もちろん私だけではなくてはチームとしてしっかりとして守備ができた事が大事な事だと思います。それと同時に最後の時間帯で隙を見せてやられた試合もかなり多かったですけど、今日は耐えることができ勝利できました。次の山口戦向けても最高の準備をしていきたいと思います。

(残り 1495文字/全文: 2137文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ