ヴォルティススタジアム

ダニエルポヤトス監督「チーム状況が変わっていると思うので、その辺も頭に入れながら戦う必要がある」安部崇士「危険なところから守っていく事が大事になる」浜下瑛「サポーターの皆さんの想いを力に変えて勝ちたい」ーJ2第29節栃木戦に向けたコメントー


○安部崇士選手
Q:栃木戦に向けて。どんな試合展開になると思いますか?
「焦れずにやることが大事かなと思います。熊本も前から上手くはめてくるチームでしたし、強度には違があるかもしれませんが似たようなところはあると思います。90分通して勝つという事と先制点を奪う事が大事になると思います」

Q:ここまで前からプレッシャーに来る相手に苦戦している印象がありますが、選手としてはいかがですか?
「まさしくその通りだと思います。前から来る相手に対してなかなかうまく運べず苦戦することが多いですが、ここ数試合の実感としてはポジション取りも少し早くなってきた感覚がありますし、そろそろそういう相手に対しても勝星を上げないといけないなと思っています」

Q:マッチアップが想定される黒﨑選手について
「クロスを上げさせないために、まずは自分たちが常にボールを握って相手コートに押し込み、奪われたらすぐに奪い返すことを徹底しなければいけないと思います。ただ黒崎選手は120分戦えるほど運動量豊富ですし、中には背の高い選手も多いので十分に準備しないといけないと思います」

Q:栃木には髙萩選手など新加入選手も加わっています。どう対応していきたいですか?
「質の部分では非常に高くて、少しでも集中力を欠けばやられてしまいます。危険なところから守っていく事が大事になると思います」

(残り 1138文字/全文: 1708文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ