ヴォルティススタジアム

【徳島vs横浜FC】ダニエルポヤトス監督記者会見コメント「本当に悔しい、悲しみと共に非常に悔しすぎる試合でした」

■明治安田生命J2リーグ 第25節
7月10日(日)徳島 1-1 横浜FC(18:04KICK OFF/鳴門大塚/4,882人)
得点者:29’岩武克弥(横浜FC)72’杉森考起(徳島)
———-

○ダニエルポヤトス監督
本当に悔しい、悲しみと共に非常に悔しすぎる試合でした。選手たちは勝ちたいという気持ちを全面に出し、素晴らしいパフォーマンスで徳島のレベルを証明してくれたと思います。スムーズなボールの流れ、美しいコンビネーションが至る所で見られました。勝てなかった悔しさが今は大きいですが、このような試合をしてくれた選手には感謝しています。

Q:ハーフタイムで両SBを交代しましたが、どのような理由がありましたか?

少し違和感を抱えていたので交代しました。

Q:交代でSBに入った選手たちには、どのようなプレーを求めましたか?

横幅が無いと感じていたので、安部選手には広く張って少し高い位置に出てプレーすることを求めました。また、新井選手はアタックというよりオーガナイズが得意です。内田選手を中心にカカ選手と後ろ3枚で相手の4-4-2に対してビルドアップを行うように指示をしました。

Q:得点前に杉森選手と浜下選手のポジションを入れ替えていましたが、どのような狙いがありましたか?

中でオーガナイズにかかわるプレーを浜下選手は得意としています。また、杉森選手の良さはサイドの方が生きると思いポジションチェンジをしました。

Q:勝利したいが失点もできない、櫻井選手はそんな難しい状況の中でピッチに入りましたが、どのような指示をして送り出しましたか?

まずは落ち着いて試合を楽しむように言いました。今日のようなテンションの高い試合において、若い選手はなかなか実力を発揮できない時があります。ひとつの良い経験として、ミスがあっても問題ないから、白井選手と共にしっかり頑張りなさいという言葉をかけました。

Q:試合を通して良い攻撃の形を何度も見せてくれました。具体的には、どのような点が功を奏したのですか?

練習の時から、選手には戦術というよりコンセプトを伝えており、それを理解してくれているからだと思います。どのようにボールを動かしてパスをつなぐのか、どこにスペースがあるのか、パスの回し方、どのようなタイミングで現れるのかといったコンセプトを、選手たちがしっかりつかんできたのかなと思っています。
今日はそれをピッチで表現してくれただけに、勝てた、勝ちたかった、勝たなければいけなかったという悔しさが大きいです。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ